全日本気功師会・気功総合療術院・気功師養成学校レポート用紙

気功を学び初めて

山沢 ○○

1)気功を始めた動機
  気とは、元気の気、剣道、空手、居合いの気、何か力の元になる目には見えないが超微細で空気の固まりのような不思議な力は何だろうと子供の頃から興味を持っていました。

  社会人となり、空気、水を主体にした環境関連の仕事に就くにあたって、人に生体によい空気・水とは、ただ浄化・浄水だけで解決できるものでなく、あまりにも変化がありすぎる、生体外からも生体内でも何か微細で不思議な力が影響を与えていると思っていました。

  そうしたある時、素粒子レベルと銀河系レベルに大きさに極端に差があるが、1Hzあたりのエネルギーが同じ、更にあらゆる物質のHzがわかることを知りました。それではこの定数をヒントに今までわからなかった超ミクロの不思議な力も測定したり、集め閉じこめたり、小さいが大きいエネルギーが得られたり、生体異常値の周波数の測定したり、治療診断機器が開発できるのではと直感しました。そのときの衝撃的な感動は今も忘れられません。超ミクロなものへの関心、興味は特別でした。気功の気、意念、念波も超ミクロな粒子で波動性を持つ意識エネルギーであると一般的に考えられています。この超ミクロのエネルギーを自分の身体で体験できるところがあればこれほど幸せなことはないこと。

  自分の健康に、更に修業しだいで人様のお役に立てれば尚、幸いであると思っていました。その機会に恵まれ、権威ある張先生の学校に入学できました。

2)入学して11ヶ月、現況
  中国伝統の外気を取り入れた本物気功、先生の気の伝授が始まりました。100日修業の大切さを強くたしなめられる。60日経過頃、特にピリピリの感覚、両腕に気のまわるのを自覚できるようになる。

  その後6ヶ月過ぎるが、手・両腕以外の身体部分に気の感じがつかめず少々不安になる。8ヶ月過ぎた頃、喉の痛み、水も一苦労、高熱、初めての経験である。

  次に、左肩の深部に発生、ズキンズキン、首筋に響き、うっとうしい日が続く。小林先生にお話しして、皆様の練習台となり、皆様の気を受ける。最後は張先生より気を頂き、翌日はすっきり回復。それも芯の底からの爽快な回復である。

  これが人により訪れる抗体現象、変調かと思いつつ一ヶ月ほど過ぎた頃、修行中、大椎あたりから気がはいり背骨を通り、両足に流れるのを感じるようになる。

  その後、両手を伸ばしたときの両手から、最近は両側頭部から、背骨を通って両足に流れるのを感じるようになりました。 また、指先に気を送る意識を集中すると、指先が暖かくなり気を感じるようになってきています。

3)課題と期待
  @ 当面修得せねばならない事項 修業を継続し気をコントロール出来るようになるためには。経脈の活用。自分の病は自分の気で。自分の気が相手のどこに流れているかつかめるように。先哲人の思想を理解する。(ヨーガ・空海の密教・三密加持・明恵)

  A 並行したい確認テーマ 気、意念、念波の伝わり方は超ミクロ(10の−33乗センチメートル以上)のクオークのいくつかの層をそれぞれのクオークの媒質に従って伝わる。しかもそのスピードは100億光年の宇宙の先まで瞬時に伝わると聞いていますが、同様に宇宙の空間から無限の無害エネルギーを取り出すことも可能になる。

  B 私の夢 ∞静功中に一度だけ体験した景色の再現を!左右一面の静かな水面に真っ白の霧が漂う光景で、意識した方向に霧が移動する光景;クオークの層か ∞ミクロを追ってゆくと最終は精神世界と融合化も!科学のルーツはデカルトから、目に見える一方通行のシフトの時代から目に見えない情報も大切に考える時代へ。

  今の科学では証明出来ない不思議な現象もたくさん出てきています。良い気、良い意識は目に見えないが、良い場、良い空間を作っていくことが、まず間違いなさそうです。

  ∞気の最終目標は、自然、宇宙と一体融合になれるかどうかであり、そのスタートに立てたかどうかのところと思っているところです。