| お問合せ | Sitemap | E-mail| Access |
気功師養成学校
校長先生のご挨拶
気功に関する
学校のロゴと規則
クラス案内
入学申込み
生徒達の声
卒業レポート

三宝康寿山荘

ハワイ煉功基地

北京煉功基地

桂林煉功基地

海南島煉功基地

HOME


住所:
〒170-0011
東京都豊島区池袋本町1-38-14 ナゴヤビル2階

JR線池袋駅より徒歩10分

TEL:03-5992-8330

FAX:03-5992-8330
e-mail:
sanpouqigong@gmail.com

生徒達の声
私が気功を始めた理由は、張先生の気功治療を受け不思議な体の変化に驚き、先生から「気功は鍛錬により誰にでも修得出来ます。」と言われたのが切っ掛けでした。
  私が気功を初めて、早3年が過ぎました。初めは、毎日練功をする事にやや抵抗を感じていましたが、1年が過ぎ様とした頃この想念から打ち解けられ、自分の想いを克服する事が出来ました。それからは想い新たに、私はこの気功を通して何が出来るのだろうか?・・・と、日々考えるようになりました。そんな中、一冊の本との出会いがあり「人は生まれる前に自分の人生を全て己で決めて生まれてくるのだ」と・・・・私の使命・何か?「この世には偶然などなく必然性によって成り立っているのだ」等々・・・
  そうか!これも私が決めてきた人生なのならもうこの先の道はあるはずなのだ!迷わず自分の出来ることをすれば良いのだ。と・・・今、医療気功に日々ささやかながら励んでおります。(M・S)
気功治療はいうまでもなく中国伝統医学の中の一分野であり、4000年以上の歴史の中で育まれてきた。その中心となる"気"は西洋医学では認めがたい概念であるが、気功治療を学ぶにはまずこの気に関して東洋医学の基礎から学ばなければならない。
  当校ではこの東洋医学の基礎理論から気功治療の臨床実習まできめ細かなカリュラムが整えられている、日本随一の気功師養成の場である。
  臨床実習で患者から『よくなった!』と輝くような顔で感謝の言葉を聞く時、"気"の持つ力の偉大さを全員が実感する。(K・H)

気功がヒト以外にも効力があるということは張先生からお聞きしていたが実際に体験する機会に恵まれた。
  知人の愛犬(シベリアンハスキー)が重度の皮膚病(体毛が抜け・皮膚が腫れ・出血もあり・歩行も困難・十分に睡眠もできない)のために私が治療することとなった。
  初診のとき、犬のヒトと異なる臓器の配置に戸惑ったが、大腸と肺に異常を感知したので患部とともに治療を施したところ寝息をたて眠るまでに至り、2回目の治療の際には相当の回復が見受けられ、私を出迎えに犬自身が出て来た程だった。
  まだ治療の途中の段階ではあるが、この回復振りを飼い主のご家族は喜んでくれて、気功の効果に驚嘆と興味を持ってくれている。(O・R)

私が気功の勉強を始めてちょうど一年が経ちました。勉強を始めた頃は本当に自分にもできるのだろうかと不安でしたが、気功の練習を続けていくうちに次々と今まで感じたことが無いような身体の変化が起こり、自分が上達しているということを感じることができました。それらによって不安も徐々に消えていき、今では患者さんを治療することもできます。本当にこの短期間で治療ができるようになってびっくりです。(Y・T)

気功は人を癒してあげられるだけじゃなくて、自分の体にも心にも良いので素晴らしいです。この目には見えなくても実際に感じられ、扱うことができる"気"はとても奥が深く、興味が尽きません。"気"のことをきちんと教えてくださる先生と出会えてとても幸せです!!(S・A)

上へ戻る

卒業レポート

Aコース卒業生のレポート選
松林 ○○ 〈男)−−第二期
練功練習過程における体調の変化
瓜田 ○○ 〈男)−−第二期
医療気功に出会えて感謝
飯塚 ○○ 〈男)−−第二期
外気治療と医者父母心
岸本 ○○ 〈女)−−第二期
私が学んだこと
小渕 ○○ 〈男)−−第三期
気功外気臨床治療の体得
いま ○○ 〈女)−−第三期
外気臨床治療の体得
気功外気臨床治療の体得
菅間 ○○ 〈女)−−第三期
私の医療気功への観念とは
気功外気臨床治療の体得
橋本 ○○ 〈男)−−第三期
気功外気臨床治療の体得
上原 ○○ 〈男)−−第三期
気功外気臨床治療の体得
田岡 ○○ 〈男)−−第四期
気功治療レポート
山沢 ○○ 〈男)−−第四期
気功を学び初めて
気功外気臨床治療----気功を始めた動機から順を追って
舟山 ○○ 〈女)−−第四期
気功外気臨床治療の体得
小川 ○○ 〈男)−−第五期
外気治療についての体得
田代 ○○ 〈男)−−第五期
外気治療についての体得
遠藤 ○○ 〈男)−−第五期
外気治療についての体得
的場 ○○ 〈女)−−2003年3月卒業
Aコース終了して思うこと
福田 ○○ 〈男)−−2003年3月卒業
気功を学ぶ
Bコース卒業生のレポート選
岡林 ○○ 〈男)−−第二期
遠隔気功について
手脈診断及び遠隔治療の体得
遠隔治療の体得
舟山 ○○ 〈女)−−第二期
手脈診断及び遠隔治療の体得
上原 ○○ 〈男)−−第二期
手脈診断及び遠隔治療の体得
田岡 ○○ 〈男)−−第二期
千里診脈と遠隔治療の体得
山澤 ○○ 〈男)−−第二期
手脈診断及び遠隔治療
宮鍋 ○○ 〈男)−−2004年2月卒業
Bコースを学んで
柴崎 ○○ 〈男)−−2004年2月卒業
千里診脉を完璧にマスターして自分の宝物に
上へ戻る
Copyright:2002.SANHOU CO.,LTD